切ったじゃがいも保存方法

じゃがいもを切った状態で保存できるのは何日ぐらいなのか?それとも1日も保存はできないのか?

多めに切ってしまった時に余ったじゃがいもをどうしたらいいのか迷ったので調べてみました。

また、じゃがいもは冷凍できるかのもお伝えします。

じゃがいもの保存方法

皮を剥いたり切ったじゃがいもは、水を入れたボウルに入れて、冷蔵保存するのが一般的です。

重要なのは、じゃがいもを完全に水に沈めることです。

切ったじゃがいもを長時間空気に触れさせると、変色の原因となるデンプンやポリフェノールが酸化し、茶色や紫、黒に変わります。

さらに、チロシンというアミノ酸が酸化しメラニンが生成されると、ピンクや赤褐色、茶色、黒へと色が変化します。

変色したじゃがいもを食べても害はありませんが、見た目が悪いと料理の魅力も下がります。

酸化を防ぐためには、じゃがいもを切った後に水に浸すことが効果的です。

じゃがいもの保存期間

皮を剥いたじゃがいもを水に浸して冷蔵庫に保管すると、約2~3日は新鮮さを保つことができます

ただし、長時間水に浸けておくと栄養素が流出してしまいます。

じゃがいもには元々アクが含まれており、多くの人がアク抜きのために水に浸します。しかし、アク抜きの目安は約10分です。

デンプンが水に溶け出すと、味が落ち、じゃがいものほくほく感も失われます。

変色を防ぐには水に浸すことが効果的ですが、切ったじゃがいもは可能な限り早く、遅くとも3日以内に調理するのがベストです。

じゃがいもは冷凍できる?

切ったじゃがいもは水分が逃げて質感が損なわれるため、直接の冷凍は適していません。

ただ、皮がついたままの状態ならそこまで水分が逃げないため切ったじゃがいもよりはいいと思います。

じゃがいもの冷凍方法

じゃがいもを洗ってから水気をしっかりとります。そして一個一個ラップで包んでさらにジップロックなどに入れて密閉にしてから冷凍庫に入れます。冷凍の開閉が多いと冷凍庫内の温度が上がってしまいますのでなるべく開閉は必要最低限にします。

解凍の時は、そのままお皿にのせて500Wで3.4分チンします。さらに裏返して3分程度加熱します。

おすすめの冷凍方法

じゃがいもを茹でてマッシュにすると、水分が過度に抜けることなく、食感も良好に保たれます。

このように準備したマッシュポテトは、冷凍庫で約2~3週間保存可能です。

冷凍用のマッシュポテトを作る際は、十分に加熱することが重要です。

マッシュポテトを作る方法は、電子レンジ、茹でる、蒸すなどがありますが、冷凍する前にはしっかりと冷ますことが大切です。

十分に冷ますことで、解凍時に水っぽくなるのを防ぐことができます。

冷凍したマッシュポテトを解凍する際は、元のじゃがいもの食感に近づけるために、自然解凍が最適です。

電子レンジで解凍すると水分が多くなるため、使用前日に冷蔵庫に移して自然解凍することを推奨します。