日焼け止め塗り直しタイミング

日差しの強い季には日焼け止めは欠かせないアイテムですよね。でも、一体どのくらいの時間で効果が薄れるのか気になりませんか?

実は、日焼け止めの効果って、ずっと同じではないんです。使っている製品や、どんな環境で過ごしているかによって、持続時間が変わってきます。だからこそ、ちょうどいいタイミングで塗り直すことが大切なんです。

この記事では、日焼け止めは何時間持つのか、塗り直すタイミングはいつなのか、おすすめの日焼け止めについてお伝えします。

日焼け止めは何時間持つ?

日焼け止めは何時間もつのか、だいたい2,3時間が目安です。
日焼け止めの種類や、汗をかいた状態などによって多少の差はありますが、だいたいそれぐらいが目安になります。

日焼け止めの塗り直しのタイミング

普通に使うとき、大体2,3時間ごとに塗り直すのがおすすめです。これは、なんと厚生労働省が出しているガイドラインにも書いてあるんですよ。SPFやPAの数値が高めの日焼け止めを使っていても、時間が経つと効果が落ちるので、塗り直しが必要になります。

製品によって持続時間は異なりますが、肌に残っている間だけが効果のある時間なんです。だから、汗や水で流れたら、再び塗り直す必要があるんですよ。

外出中も、ちょこちょこと塗り直しを心がけると、さらに効果的です。紫外線はシミやそばかすの原因にもなりますから、対策は怠らない方がいいですね。特にSPFやPAが高い日焼け止めを使っている方でも、定期的な塗り直しはとっても大切です。正しい使い方を覚えて、日焼け止めを上手に活用して、紫外線から肌を守りましょう。

メイクの上からでも簡単に塗り直せる方法もあるんですよ。これを知っていれば、紫外線から肌をしっかり守って、将来的な肌トラブルも防ぐことができます。適切な使い方で、日焼け止めを味方につけて、健康的な肌を保ちましょう!

メイクの上から日焼け止めを塗り直すポイント

スプレータイプの日焼け止めを選ぶ

メイクの上から簡単に塗り直せるのは、スプレータイプの日焼け止めです。これなら、メイクを崩すことなく、サッと一吹きするだけで日焼け止めを塗り直せます。

スプレータイプを使用する場合のコツ

顔に直接スプレーする前に、缶をよく振ってください。
顔から15~20cm程度離して、均等になるように顔全体に軽くスプレーします。
目や口を閉じて、直接吸い込まないように注意しましょう。

パウダータイプの日焼け止めも有効

パウダータイプの日焼け止めもメイクの上からの塗り直しに適しています。これは、UVカット効果のあるフェイスパウダーのようなもので、化粧直しと同時に紫外線対策ができます。

パウダータイプを使用する場合のコツ

専用のブラシやパフを使って、顔全体に軽く塗布します。
特に日焼けしやすい部分には、少し重ね塗りをしてカバーしましょう。

これらの方法なら、メイクをしたままでも日焼け止めを効果的に塗り直せます。外出先でも手軽に紫外線対策ができるので、ぜひ試してみてくださいね。

日焼け止めの再塗布が重要な理由

日常生活でよくあることが、実は日焼け止めの効果をだんだんと減らしていくんです。

その主な原因として、汗や皮脂があります。私たちが知らないうちに出る汗や皮脂が、日焼け止めを薄めたり、取り除いたりするんですね。

それから、顔に手を触れたり、服の摩擦で拭き取られることも、日焼け止めが落ちる原因になります。

これらのことに気づいたときは、日焼け止めを塗り直すことが推奨されます。

「SPF」と「PA」とは?

SPFは、紫外線によって起こるシミや赤みの原因であるUVBからの保護度を示しています。この数値が高いほど、肌を長く守ってくれるんですが、その分肌への負担も大きくなります。

PAは、肌の黒ずみやシワ、たるみの原因となるUVAからの保護度を示します。こちらは、+の数でレベルが示されていて、多いほど高い保護力があるんです。

SPFやPAの値が高い日焼け止めは、特に太陽が強い日や、長時間外にいるときに適しています。でも、普段の散歩やお買い物などでは、低い数値のもので十分なこともあります。自分の活動に合わせて、肌に負担をかけない日焼け止めを選ぶことが、とても大切です。

日焼け止めは何時間前に塗る?

日焼け止めは外出する何時間前に塗ればベストなのか、大体15~30分前と言われています。

日焼け止めを塗ってから肌に馴染む時間がそれくらいなので出かける前の15~30分前を目安にするといいですね。

家の中にも紫外線は入ってきますので、早めに塗っておいても問題はありませんが、2,3時間を目安に塗り直しするとより効果的です。

おすすめの日焼け止め